目を酷使しすぎる現代社会

厚生労働省の「平成20年技術革新と労働の実態調査」によれば、パソコンを用いた作業で全体の9割を超える人が目の疲れを訴えています
近年急激に普及したスマートフォンを始め、パソコン・テレビ・本・雑誌など現代は、目から入ってくる情報に満ち溢れています。
また、いわゆる夜型生活の人々が増えてきたことで、本来ならば日中に酷使した目を休めるための睡眠時間が大幅に削られているという状況も目の疲れを感じるようになった大きな原因といえるでしょう。

疲れ目は「目の周りのコリ」が大きな原因

目の疲労症状は眼筋や水晶体の厚み調節の筋肉(毛様体筋)の筋肉疲労、すなわち「目の周りのコリ」からきています。そのため、肩こりと同じように血行を促進したり筋肉をほぐすことが効果的だと考えられています。